img_head_fasting.jpg

ファスティング

断食というものをご存じてしょうか。
世の中には実は、様々な断食サービスがございますが、最近出ている断食やデトックスの手法はほとんど変らず理論もどこの本にも書いてありますが、ディバウンドしてしまう方が多いのも事実ではないでしょうか。

ディバウンドしてしまうのは、現状の環境を変えて何日間かご自分自身で体験する事で学ぶ必要があるからで、「断食 = 辛い、ディバウンドする、宗教的、女性中心」というイメージを持たれている方も多いかと思います。
つまり無理した体重コントロールを中心にした断食では間違いなくディバウンドもしますし体調を崩す方もいるということです。

この失敗を排除する為に、OPTIASでは医学的にも正しい方法で辛さを払拭する「楽しいファスティング(プチ断食)」を提供する事を目指して、ドクターをはじめ各専門家の監修の元にプログラムを開発してまいりました。
ですから様々な趣味や趣向などの企画ともマッチします。

例えば

 →旅行をしながらのファスティングのデトックス

 →ゴルフをしながらのファスティング

 →企業の健康管理の一つとしてのファスティング

 →人脈を広げるファスティング


従来の辛いイメージを排除して、健康と体重コントロールと食事を楽しみながら実践するノウハウを参加者のみなさまに提供していきます。

fasting_questionnaire.jpg

医療監修者からのアドバイス


日々ビジネスマンの健康管理に携わる医師として、メタボリックシンドロームに代表される生活習慣病対策は、非常に関心の高い分野です。
予防の第一歩は肥満の改善。食生活の見直しです。
しかし多忙な現代人の多くは夕食をとる時間が遅くなりがちです。
そういった食生活が30代以降の肥満率の上昇に原因に1つにもなっております。また食事から就寝までの時間が短いと十分な消化が進まず、胃腸に慢性的な負担を強いることになります。
こうした生活習慣の改善に対しては、まずは「動機付け」と「きっかけ作り」が重要です。
「断食」という言葉には非常に強い響きがあるかもしれません。しかし本プログラムは「胃腸の負担を減らすこと」、「満腹感の適性レベルを知ること」に対し、合理的かつ無理なく体験できるように設計されています。またヨガなどのオプションにも交感神経優位と言われる現代人には自律神経系のバランスを意識する良いきっかけになると思っております。